悪玉コレステロール対策に選ばれているのは?人気サプリ、ドリンク3選を紹介

悪玉コレステロール対策に選ばれているのは?人気サプリ、ドリンク3選を紹介

ナース01コレステロールが気になる、悪玉コレステロールを下げたいとは思っていても、実際にはどう始めたらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

ここでは、手軽に始められるサプリメントやドリンクの中から、オススメ3選を紹介していきたいと思います。

これからコレステロール対策を使用と考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

コレステロールが高い人へのオススメ成分についても解説しています。

コレステロールにおすすめサプリ、ドリンク3選
DHA・EPAを配合のサプリメント

909_03
サラサラ成分として有名なDHA・EPAサプリがコレステロールや中性脂肪対策としては一番おすすめです。

DHAサプリは多くのメーカーから発売されていて、どれを選べば良いか迷ってしまいがちです。失敗しないためのチェックポイントとしては、

・DHA・EPAが合計で400mg以上程度配合されていること(目安です)
・信頼できるメーカーのサプリであること。
・酸化防止がきちんとされていること。

などです。

【DHAサプリ選びの参考サイト】
DHAサプリ完全攻略 〜 人気サプリメントを徹底調査

902_01

LDLコレステロールが気になる人のトクホ青汁

大正製薬 大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン
大正製薬 大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン特定保健用食品の青汁で、コレステロールを低下させる働きがあるキトサンを配合しています。

ヘルスマネージ大麦若葉キトサンを12週間摂取したところ、4週間後に悪玉コレステロール値が低下したという報告があります。

大正製薬 大正ヘルスマネージ大麦若葉青汁キトサン 公式サイトはこちら

コレステロールを下げるトクホのドリンク

サンスター 緑でサラナ
サンスター 緑でサラナ缶ジュースタイプの特定保健用食品で、コレステロールを下げるSMCSが含まれています。

緑でサラナを12週間摂取したところ、3週間後にコレステロールが低下したという試験結果が出ています。

サンスター 緑でサラナ 公式サイトはこちら

悪玉コレステロールに良い成分
DHA・EPA

DHA・EPADHA・EPAは魚油に含まれるオメガ3脂肪酸です。

EPAは脂質異常症の治療薬としても利用されていて、エパデールなどの主成分となっています。

また、消費者庁から報告された「食品の機能性評価モデル事業」の結果でも、血中中性脂肪低下作用についてDHA・EPAはA評価(機能性について明確で十分な根拠がある)となっています。

キトサン

キトサンキトサンはエビやカニの殻の主成分であるキチンを加工して作った不溶性食物繊維です。

コレステロールは通常、肝臓で胆汁酸となります。一部は排出され、一部は肝臓へ戻り再度吸収されます。

キトサンが血中コレステロールを活発にすることで、胆汁酸が肝臓へ戻るのを抑制し、排出してくれます。

結果的にコレステロール値を下げることにつながります。

SMCS

ブロッコリーSMCSはキャベツやブロッコリーに含まれているアミノ酸です。

コレステロールは通常、酵素の働きにより、肝臓内で胆汁酸へと変化します。そして、不要な胆汁酸は体外に排出されます。

SMCSは、酵素を活性化する働きがあるので、胆汁酸がより多く合成され、結果として体内のコレステロール値を下げることにつながります。

まとめ

ナース02悪玉コレステロールが高い人にとって、食事の見直しや運動が必要なのはもちろんですが、現実問題として完ぺきな食事を自宅で毎日準備するのは大変ですよ。

魚や納豆などは、体にいいとわかっていても続けるのは難しいものです。

サプリやドリンクで、DHAやキトサン、SMCSなどの有効な成分を足して、コレステロールの低下をサポートしてもらうのがいいでしょう。

コレステロールで悩んでいるならDHAサプリが人気!

DHAサプリDHA・EPAサプリはサラサラ成分として人気の高い成分です。コレステロールに悩んでいるならぜひ試してみてください。

たくさんあるDHA・EPAサプリメント。どれを選んだらいいか迷っているなら、まずは選び方をチェックしてみましょう。

【DHAサプリ選びの参考サイト】
▶ DHAサプリ完全攻略 〜 人気サプリメントを徹底調査

関連ページ

 監修者 大見 貴秀医師


フリーランスの麻酔科医として複数の病院で勤務。生活習慣病アドバイザー、麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本麻酔科学会会員、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

医師として生活の質を上げ、楽しく健やかな毎日を過ごして頂くため「健康」に関する執筆も行っています。