コレステロールに関する病気

コレステロールに関する病気

コレステロールに関する病気についてです。

LDL(悪玉)コレステロール値が高いと引き起こされる病気は、主に血管が硬くなる動脈硬化が原因となるものが多いです。

すぐに死に至る、というようなことはないですが、健康寿命が低下するリスクが高まります。
905_01
血液中にコレステロールが増えると、血流が悪くなり、LDLコレステロールは血管を傷つけプラークを発生させ、血流を悪くし、必要な部位に血液からの栄養が流れづらくなります。

血液の流れが悪くなること(動脈硬化)によって、様々な病気を引き起こしますので、LDLコレステロール値が高い場合は低下させる、HDLコレステロール値が低い場合は、高める生活を心がけることが必要になってきます。

また、コレステロールが多すぎると、肝臓が処理しきれずに、肝臓から排出される際に、結晶化してしまい、胆のうや、胆管で結石となり、胆石症となる場合もあります。

コレステロール値の異常は、脂質異常症(高脂血症)

健康診断などで、各コレステロール値の基準値から外れると診断されるのが、脂質異常症です。

脂質異常症には、悪玉といわれるLDLコレステロールが多いタイプの高LDLコレステロール血症、善玉といわれるHDLコレステロールが少ない低HDLコレステロール血症があります。

脂質異常症は、血中のコレステロール値が基準外なだけなので、はっきりとした自覚症状がないため早期発見が難しのも特徴です。

自覚症状がないからといって放っておくと、増えた脂肪がどんどん血管にたまってしまいます。そうなると血管が傷ついてしまい、動脈硬化になり、脳卒中や心筋梗塞などを引き起こす可能性もでてきてしまいます。

脂質異常症かどうかは、血液検査で初めて分かる場合が多いのですが、脂質異常症の診断基準は、
905_02
となっています。

動脈硬化とは?

動脈硬化だとはっきりわかる自覚症状がないので、「沈黙の殺人者」という異名がある動脈硬化症ですが、一般に、血管撮影が診断に使われることが多いようです。

905_03CAVI検査で簡単に判明する場合もあります。CAVI検査は、血圧測定と似たような簡単な検査です。仰向けになって、両腕と両足首の血圧と、脳波の測定を行います。所要時間は5分くらい、結果もその場で出してもらえます。

動脈硬化は、動脈が弾力性を損ねられた状態で、スムーズに血液を流せなくなっているのです。

中性脂肪やLDLコレステロールなどが原因で血管に傷ができることで動脈硬化が進行します。中性脂肪値やLDLコレステロール値が高くなる要因には、高カロリー食などの生活習慣が原因の一つといわれています。

適正な運動の習慣やバランスの良い食事といった生活習慣の改善により、動脈硬化症の改善や予防に効果的のようだといわれています。

動脈硬化が進み、血液の流れが悪くなると様々な病気を引き起こします。

動脈硬化による病気、脳梗塞

脳梗塞とは、脳の血管の詰まりなどによって血流が大幅に低下し、酸素や栄養分の行き届かなくなった脳の部分が壊死してしまう状態です。

高齢者に多く見られる症状ですが、原因は飲酒・喫煙・食習慣・運動不足・肥満・ストレスなどによる、動脈硬化によることが多いです。

壊死を起こした脳の部分によって、実際の症状の出方は様々です。

905_04典型的なものには、意識障害、体の一部が動かないマヒ、言葉が出てこない言語障害や失語症といった症状があります。

脳梗塞の発作は、死亡に至る確率も高く、発症したら早急な治療が必要になります。

脳梗塞の種類によって具体的な方法は異なりますが、できるだけ早く脳に血液を送り、血流を正常化させることが大切です。

狭心症

905_05狭心症は、心臓の表面の冠動脈という血管が細くなってしまうことにより、心筋に酸素が行き渡らなくなってしまう病気です。

この現象が心臓でおきると、胸の辺りが痛くなったり、息苦しくなってしまうという症状が起こります。冠動脈が細くなってしまう原因のひとつに動脈硬化があげられます。

脂質異常症(高脂血症)の人は、血液中の脂質が多いため、動脈硬化になりやすく、結果的に血管内部の大きさが狭くなってしまいます。

狭心症の検査は、血液検査で脂質や糖質が高かったり、心電図での波形の異常変化、トレッドミルという運動器具で心臓に負荷がかかると症状が出るかという様々な検査で診断を行います。

治療方法は、細くなってしまった血管を広げるために、心臓までカテーテルと呼ばれる細い管を通し、バルーンと呼ばれる風船や、ステントと呼ばれる金属のトンネルのようなもので血管を押し広げる方法があります。

心筋梗塞

心筋梗塞は、狭心症が進んで心筋が壊死してしまった場合に起こる病気です。

動脈硬化などにより、心臓の周りを走る冠動脈に血栓がつまったり引っかかったりして狭窄がおこり、その先に流れるべき血流が流れにくくなる事により、心筋が壊死を起こしてしまうことを指します。

心筋梗塞を発症すると、激しい胸部痛が長い時間続きます。また、心拍数も上がり、動悸やめまいを伴うことが多く、そのまま意識を失うことも考えられます。

動脈硬化は脂質異常症や糖尿病がリスクとなります。これらの病気は生活習慣病と呼ばれ中性脂肪値やLDLコレステロール値、血糖値の改善のため生活習慣の指導を受けるケースが多いです。

また、最近では、コレステロール値が遺伝的に高いケースも見つかっており、そのような場合は投薬によるコレステロール値のコントロールが必要となります。

間歇性跛行症

905_06間歇性跛行症は歩行により足の痛みやしびれを感じる病気です。

間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)は、しばらく歩くと足に痛みやしびれを感じ、少し休むことでまた歩けるようになるという症状の病気です。歩行により下肢に負担がかかることで足が痛いという症状があらわれます。

間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)は神経性と、動脈硬化の影響による血管性の2つに分けることができます。

神経が圧迫されて起こる神経性は腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)といい、血流が悪くなって起こる血管性を閉塞性動脈硬化症といいます。

腰部脊柱管狭窄症は、しゃがみこんだり椅子に座ったりして休むと症状がやや軽くなります。自転車での移動が苦にならない特徴があります。

閉塞性動脈硬化症は、休む姿勢にはあまり関係なく安静にしていれば症状は治まります。こちらは逆に自転車での移動は症状が起きるので避けたほうが良いです。

胆石症

905_07胆石症は肝臓の下にある胆汁をためる袋の中や、流れ道に石が出来てしまう病気です。

右上腹部痛、主にみぞおちの痛みや右脇腹の痛み、背中や腰に激しい痛みを伴うこともあれば、無症状な事もあるのがこの病気の特徴です。そのため、気付かないうちに胆石症が進行してしまうこともあるのです。

放っておくと、胆道が閉塞してしまい、胆のう炎、胆のう癌などの原因になることも。症状が悪化すれば、黄疸と呼ばれる症状ができています。白目や皮膚が黄色くなる状態です。

コレステロールと関係あるのは、コレステロール系結石ですが、体内の過剰なコレステロールは、肝臓で胆汁酸とともに処理され胆汁の中に排出されます。

胆汁中のコレステロールが増えると、余分なコレステロールが溶けずに固まり、これを核にして結石ができて、胆石症となってしまいます。

治療方法は、無症状の場合は飲み薬で経過を見ながら治療することになります。

あまりにも激痛がある場合は手術を行い、胆石の入っている胆のうを摘出しなければならないこともあります。最近では日帰りで手術を行なってくれる病院も増えていますので、こまめに検査を受けることが重要です。

低コレステロール血症

低コレステロール血症とは、総コレステロール値(TC)が120mg/dL未満の状態を基準とします。低コレステロール血症には後天性(生活習慣などによるもの)と先天性(生まれつきのもの)があり、後天性の低コレステロール血症の原因は栄養不足、吸収不良症候群、甲状腺機能亢進症、肝疾患、悪性腫瘍などがあります。低コレステロール状態が見つかったときは、短期間に急速に低下していないかを確認し、重大な病気が潜んでいないか検査が行われます。

もともと体質的にコレステロール値が低い先天性の場合、無βリポ蛋白血症、 異常アポ蛋白血症などの遺伝子異常症が見つかった場合を除き、低コレステロール血症だけで健康に害があるかどうかはまだわからないそうです。(日本動脈硬化学会 脂質異常症治療のQ&Aより

脂質異常症から判明する場合もある、ネフローゼ症候群

コレステロールが引き起こす病気ではなく、病気だからコレステロール値が高くなる、というケースもあります。

それが、ネフローゼ症候群です。

ネフローゼ症候群とは、蛋白質がオシッコと共に大量に排出されてしまい、血液中の蛋白質が減少し身体に浮腫み(むくみ)が現れ、同時にコレステロールなどの上昇等が見られる病気です。

原因は腎臓の持つ濾過機能が正常に働かず、本来なら排出される事のない蛋白質が尿の中に漏れ出してしもう事によります。

ネフローゼ症候群の症状には顔や手足にむくみが現れる、オシッコの量が減る、急に体重が増えるなどがあります。また、胸部や腹部に水がたまることもあります。

さにらに、血液が固まりすくなるため血栓症を起こすこともあります。

ネフローゼ症候群と診断された場合、入院安静が必要とされます。食事療法として蛋白質および水分・塩分の摂取制限が取られます。薬物療法ではステロイド薬が用いられることが多くなります。

細身で痩せている人、小さな子供の総コレステロールが高い、脂質異常症という場合は、ネフローゼが疑われます。

検査で蛋白質が現れたらネフローゼに注意しましょう。

関連記事

 監修者 大見 貴秀医師


フリーランスの麻酔科医として複数の病院で勤務。生活習慣病アドバイザー、麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本麻酔科学会会員、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

医師として生活の質を上げ、楽しく健やかな毎日を過ごして頂くため「健康」に関する執筆も行っています。