健康診断でNGなコレステロール値とは?コレステロール値の再検査は保険が効きますか?

Q&A

健康診断や人間ドックを定期的に受けていると、年齢とともにひっかかる項目が増えていく人も多いのではないでしょうか。

その中の1つが「脂質代謝」で、「総コレステロール(T-chol)」「HDLコレステロール(HDL-chol)」「LDLコレステロール(LDL-chol)」「中性脂肪(TG)」を測っています。

コレステロールが高いと健康に悪いと思ってしまいがちですが、分けて考える必要があります。

HDLコレステロールは、善玉コレステロールです。血液中の余分なコレステロールを肝臓に戻す役割を果たしています。現代社会では高くなりやすいコレステロール値を調整するため、善玉と言われています。

ただし、基準値より低いと、糖尿病や高血圧などの病気の原因の1つになりますし、高ければ高いほどよいというわけではありません。

LDLコレステロールは、悪玉コレステロールです。

血液中に悪玉コレステロールが多くなると血管の壁を傷つけ、そこからプラークを形成し動脈硬化を進行させてしまいます。

動脈硬化以外にも、糖尿病や脳梗塞などの病気になりやすくなります。

中性脂肪は、体のエネルギーの源です。ただし多すぎると、皮下脂肪や内臓脂肪として体に溜まってしまいます。

HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪ともに、基準値を保つことが大切です。

食べ過ぎや運動不足によって、これらの値が異常になってしまいます。

人間ドックや健康診断などの検診でひっかかって再検査を受ける場合、保険は適用されますが、まずは再検査を受けることがないように、日頃から気をつけることが大切です。

関連ページ

 監修者 大見 貴秀医師


フリーランスの麻酔科医として複数の病院で勤務。生活習慣病アドバイザー、麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本麻酔科学会会員、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

医師として生活の質を上げ、楽しく健やかな毎日を過ごして頂くため「健康」に関する執筆も行っています。