話題の「スーパー大麦」が持つ食物繊維の力で悪玉コレステロールを下げる!

3397_02

大麦スーパー大麦はテレビで取り上げられたこともあり、にわかに注目を浴びるようになった食品です。

近年の麦ブームは、昔から食べられていた押し麦だけではなく、もち麦や丸麦やハトムギまで様々な麦が一般的に購入できるようになりました。

そんな麦ブームに新しく登場したのが「スーパー大麦」です。このスーパー大麦は何がスゴイのか、どんな栄養があり、コレステロール低下に役立つのかなどを管理栄養士が説明します。

「スーパー大麦」とは?

正式名称「バーリーマックス」

大麦スーパー大麦という名前からして、とてつもない食材のような気がしてきますね。スーパー大麦の正式名称は「バーリーマックス」といいます。

オーストラリア連邦科学産業研究機構が10年の歳月をかけて開発した新品種です。こんなに時間がかったのは、遺伝子組み換えをしないでこの品種を作り上げたからです。

新品種が開発されても、人々の口に入るまでには収穫量を増やさなければならず、合わせて10年もの時間かかったということです。

オーストラリアは多国籍文化ですので、食事はバラエティ豊富です。しかし、肉を多く食べる食習慣のため、国民の肥満や大腸がんの多さが問題となっていました。

そこで開発されたのがスーパー大麦こと「バーリーマックス」なのです。

大麦とスーパー大麦の違いは食物繊維

スーパー大麦は開発されてまだ間もないので、農林水産省の食品成分表には収載されていません。

バーリーマックスの商品にかかれているデータで、大麦と比較してみましょう。

100g当たり

エネルギー(kcal)

タンパク質(g)

脂質(g)

糖質(g)

食物繊維(g)

大麦

340

14.0

6.2

64.7

9.6

スーパー大麦

338

14.1

6.6

44.8

21.6

参照:文部科学省 大麦 食品成分表(七訂)

食物繊維量が飛び抜けて多いことがわかりますね。通常の大麦の2.25倍含まれています。

オーストラリアでの大麦の消費量は、年間460万トンにものぼります。対して日本の消費量は150万トン程度です。

オーストラリアでは、大麦を麦粥やグラノーラにしてよく食べています。

「スーパー大麦」の優れた栄養成分

ダイエットスーパー大麦はただ単に今までの大麦より食物繊維が多いわけではありません。一言で食物繊維と言っても多くの種類があるのです。

スーパー大麦に多いのは、「フラクタン(フルクタン)」と「レジスタントスターチ」です。これらはダイエットに非常に効果的と言われています

フルクタンは腸内に入ると、素早く腸内細菌のエサとなります。すると腸内環境が改善されます。腸の状態は満腹感や満足感にも関わるため、腸内環境を改善すると痩せやすくなります。

吸収された栄養は血液に入ると、脳にある満腹中枢を刺激して満腹の信号を出すように促します。そして、食欲がセーブされるのです。

フルクタンがダイエットに効果的なのはこのためです。

レジスタントスターチは、大腸の腸内環境を整えます。腸内環境が整うと、大腸の動きが良くなり便秘が改善します。

便秘が解消されれば、老廃物を早く出す仕組みが回りだすので、どんどん新陳代謝が良くなり、ダイエットに繋がるのです。

大腸ガンの予防には、食物繊維の摂取が効果的です。食物繊維の多いスーパー大麦がオーストラリアで一般的になれば、肥満や大腸がんの予防に効果的ですね。

スーパー大麦はコレステロールを下げる?

スーパー大麦の「フルクタン」「βグルカン」は、血中コレステロールの低下に期待ができる成分です。

それぞれどのようなメカニズムでコレステロール低下に結びつくのかを説明します。

βグルカン

βグルカンには、腸内でコレステロールを吸着し、吸収されるのを邪魔する働きがあります。血液のコレステロールを直接減らすのではなく、吸収を邪魔することで間接的に減らします。

フルクタン

フルクタンは、βグルカンと同様に腸内でコレステロールを吸着して排出する作用があります。

フルクタンはらっきょうやごぼうにも含まれており、らっきょうは健康にいいと昔から言われていましたので、昔の人はフルクタンを知らなくてもその効能は知っていたのかもしれません。

スーパー大麦の上手な食べ方

大麦入りごはんもともと麦を食べる習慣がない人にとっては、スーパー大麦の食べ方に悩んでしまいますね。

簡単に食べるには、ごはんに混ぜて炊いたり、揚げ物の衣にして食べるのがおすすめです。

最もおすすめの食べ方は「炒る」という方法です。スーパー大麦をフライパンに入れ、弱火でじっくりきつね色になるまで炒めるだけです。

冷めてからタッパーに入れるか、100円ショップなどに売っているガラスの密封容器などに入れるとオシャレですね。

炒ったスーパー大麦は、そのまま食べてもOKです。あまり味がしませんが、ダイエット中の口寂しい時にポリポリ食べるとクセになりますよ。

ヨーグルトに加えたり、サラダにトッピングしても良いですね。

買って直ぐに食べられるものはないの?という方には、スーパー大麦を使ったグラノーラなどが市販されていますので、そちらがオススメです。

まとめ

グラノーラスーパー大麦は、食物繊維の量が通常の大麦の2倍以上もあり、特にフルクタンやレジスタントスターチが腸内環境を整え、コレステロールを緩やかに低下させる効果が期待できます。

腸内環境が整うと、食欲がコントロールできて、便秘も解消するので、ダイエットや美肌効果も期待できます。

現代の日本人はあまり麦を食べる習慣がありませんが、ごはんに混ぜて炊いたり、スーパー大麦のグラノーラなどでコンスタントに摂り続けていきたい食品です。

関連ページ


 監修者 大見 貴秀医師


フリーランスの麻酔科医として複数の病院で勤務。生活習慣病アドバイザー、麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本麻酔科学会会員、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

医師として生活の質を上げ、楽しく健やかな毎日を過ごして頂くため「健康」に関する執筆も行っています。