青汁がコレステロール対策に効果的な理由と失敗しない選び方

1096_6

青汁は健康食品として知られ、たくさんの方が生活にとり入れています。青汁を生活にとり入れるきっかけとしては、便通改善やダイエットのため、野菜不足の解消にという理由が考えられます。

中には、コレステロール値が高いからという理由で青汁を飲み始めたという人もいることでしょう。

青汁がコレステロールを下げる効果があるということは多くの人に認知されていますが、メカニズムまで理解している人は少ないのが現実です。

それでは、青汁のどんな成分がコレステロールを下げる効果を生み出しているのか、コレステロールを下げるおすすめ青汁などを説明をしていきます。

コレステロールを下げるトクホの青汁

tiasyo-kitosan2
九州産の大麦若葉を使用した青汁です。配合されているキトサンは特定保健用食品で「悪玉コレステロールを下げる」表示があります。コレステロール対策の青汁ならキトサン配合の大正ヘルスマネージ大麦若葉<キトサン>がおすすめです。

▶ 公式サイトで詳細を確認するならこちら

青汁は体のなかでどのように働くの?

コレステロールは体の維持に必要な脂質で、すべてが悪いというわけではありません。

不規則で偏った食事や、運動不足によってコレステロール増えすぎると動脈硬化などの原因になります。
青汁にはこのコレステロールをより効率よく排出させる働きがあります。

大麦若葉がコレステロール値を下げる

大麦若葉を長期間摂取することでLDLコレステロール値を下げる作用が確認されています。
大麦若葉
コレステロールは体内で胆汁酸へと変化して、脂肪の消化を助ける働きをします。不要になった胆汁酸は体外に排出されます。この時、大麦若葉が胆汁酸の排出を助けるので、結果、LDLコレステロール値が下がります。

豊富な食物繊維がコレステロールを下げる

青汁には食物繊維が豊富に含まれます。

この食物繊維が腸内で胆汁酸や、コレステロールを吸着し体外に排出する働きをします。

キトサンがコレステロールを下げる

キトサンはカニやエビの甲羅などからとれる成分で、動物性食物繊維のひとつです。
キトサン
キトサンが体内に入ると水分を含んでゲル状になります。これがコレステロールや脂肪、塩分を吸収し体外へ排出する働きをします。

コレステロールから生成された胆汁酸は体外に排出されますが、一部は体に吸収されます。キトサンはこの吸収を抑制する効果もあります。

青汁にはキトサンを配合しているものがあるので、コレステロール対策で青汁を飲むならキトサン入りを選びましょう。

コレステロールが高い人に適した青汁の飲み方

コレステロールを下げたい方が青汁を飲むなら、食事と一緒に飲むか、食前に飲むとより効果が期待できます。
食事

青汁のおいしい割り方

青汁は誕生から長く親しまれてきた健康食品です。味も各メーカーが改良を加え飲みやすさを研究しています。それでも野菜臭さを感じて飲みにくい商品があるのも事実。

ここでは水以外の青汁の割り方をご紹介します。

青汁+牛乳

コレステロールの吸収を抑えつつ、青汁に少ないタンパク質やカルシウムを摂取できます。

青汁+豆乳

豆乳は低カロリーな上に高たんぱくな食品であり、健康に良い栄養素がたくさん含まれています。

青汁+野菜ジュース

野菜ジュースにはビタミンやミネラル・食物繊維などの不足しがちな栄養素がたくさん入っています。

青汁+ヨーグルト

ヨーグルトには整腸効果がありますので、便秘改善にも繋がりダイエット効果も期待できます。

このように、青汁粉末を色々な飲み物で割ることで青汁に含まれている栄養素に加えて、一緒に他の栄養素を摂ることも可能になります。甘味をプラスするだけでもグンと飲みやすくなるので、栄養価の高いはちみつやメープルシロップを加えてみるのも良いですよ。

青汁の1日の摂取目安量

栄養不足を解消したいからといって飲めば飲むほど良いというのは間違いです。そこで「実際に1日にどのくらい飲めばいいの?」という疑問が出てきますが、今や青汁はさまざまな種類があり、たくさんの会社から販売されているため、正確な数字で表すことが難しいものでもあります。

1番良いのは、商品のパッケージをよく見ることです。ほとんどの製品の裏面には、栄養成分表示と一緒に「1日に○袋を目安に飲みましょう」という表記があるはずです。これよりも多く飲んでしまうと過剰摂取となり、何らかの不調が出てくる場合もあるので必ず守ってくださいね。

1096_3

青汁ってどんな食品?

青汁は、生の状態のケールや大麦若葉、明日葉などの緑黄色野菜を原料として用いられた飲み物です。野菜のビタミンは調理過程において損失されやすく、生の状態の野菜を用いることで、栄養価を保つことができるのが青汁の特性です。

一般的には使用しやすいように、粉末状に加工されているものがほとんどで、水や牛乳などに溶かして飲まれています。

以下に青汁の栄養価についてまとめました。食品成分表には青汁という項目はありませんので、一般的な商品の成分から抜粋しています。

粉末青汁3gあたり(大麦若葉・デキストリン・ハト麦エキス粉末使用)

エネルギー量・主要栄養素
エネルギー 11 kcal
たんぱく質 0.3 g
脂質 0.1 g
炭水化物 2.3 g
食物繊維 0.02 g


ミネラル類
ナトリウム 10 mg
カリウム 88 mg
カルシウム 5 mg
マグネシウム 2 mg
リン 7 mg
0.3 mg
亜鉛 0.03 mg


ビタミン類
βカロテン当量 238 μg
ビタミンA 20 μgRAE
ビタミンE 0.1 mg
ビタミンK 32 μg
ビタミンB1 0.01 mg
ビタミンB2 0.02 mg
ナイアシン 0.2 mg
ビタミンB6 0.05 mg
葉酸 15 μg

日本人に不足しがちなカルシウムや、中高年に不足しがちな鉄・ビタミンB1・B2など、さまざまな栄養素を補うことができる健康食品ですね。

結論

以上、青汁の栄養価や効果、飲み方などについて説明をしました。

その栄養効果についてはさまざまな面から期待されており、健康ブームでさらに沢山の人が生活にとり入れてはじめています。

コレステロールの多く含まれている食品が好きで食べ過ぎてしまうという人や、もうすでに健康診断でコレステロールが高いと言われてしまっている人は、ぜひ青汁を活用してほしいと思います。

1096_4

青汁は色々な会社から販売されており、それぞれ栄養価が異なります。より高い効果を得るためには、栄養成分や注意事項、摂取量の目安などをしっかりと確認し、正しく飲むことが大切です。

コレステロールを下げるならトクホの青汁ががおすすめ!
大正ヘルスマネージ大麦若葉<キトサン>

大正ヘルスマネージ大麦若葉<キトサン>

大正ヘルスマネージ大麦若葉<キトサン>はトクホに認定されている青汁で「悪玉コレステロールを下げるキトサン配合」としています。

主原料は大麦若葉を使用し、食物繊維も豊富に摂ることができるので、コレステロールの排出をよりスムーズにしてくれます。

コレステロール値に悩んでいる方は、毎日の青汁で、コレステロールをためにくいカラダを作りましょう。
初回1か月分が980円+税

公式サイトをチェック

サンスター「緑でサラナ」

緑でサラナサンスターの「緑でサラナ」は、コレステロール低下作用のある野菜由来の天然アミノ酸「SMCS」を含んだ日本唯一の特定保健用食品です。

1缶160gを1日2缶飲むだけで、3週間後にはコレステロールが低下したという結果が報告されています。

8種類の青野菜と2種類の果物が1缶で105g摂取できるので、食生活の改善をしながらコレステロール対策を行うことが出来ます。

公式サイトからの申し込みで、通常価格6,000円5,400円(税抜)

公式サイトをチェック

関連ページ

 監修者 大見 貴秀医師


フリーランスの麻酔科医として複数の病院で勤務。生活習慣病アドバイザー、麻酔科標榜医、麻酔科認定医、日本麻酔科学会会員、日本抗加齢医学学会(アンチエイジング学会)会員。

医師として生活の質を上げ、楽しく健やかな毎日を過ごして頂くため「健康」に関する執筆も行っています。